リンク集1

口臭の消し方≪うがい(洗口液)や消臭サプリメントで口臭対策≫

グルコサミン

ここのところ人気のサプリメントはなんといってもグルコサミン含有サプリメントでしょう。CMも大正製薬、世田谷自然食品、フジフィルムと各社の宣伝をよく見ますし、雑誌の広告欄にもグルコサミンは必ず掲載されていますよね。

大人にきび

大人ニキビ対策として最も重要なのが洗顔です。お肌の脂を取りすぎてもだめですし、古い角質や毛穴の中の皮脂を取れないとそれはそれで肌トラブルを招く難しいものでもあります。

 

背中ニキビも近年悩んでいる女性が多いでしょう。オルビスのボディローションが一応ありますが、もっと各社から背中にきび用の商品がでるといいですね。

シミと肝斑

ビタミンを摂取すると顔にできるしみに効果的だといいますが、全てのしみに効果があるわけではありません。

 

ビタミンをせっせと取り入れても、肝班という30代〜40代でできるしみには効果がいまひとつです。

 

左右対称の目や頬のしみであり、境界線がはっきりしないしみを肝班と呼びます。

 

女性ホルモンの乱れや、紫外線が関係しているとされており、出産経験のある女性などに見られます。

 

ビタミンの補充は、日光のせいでできたしみには効果的ですが、肝班の顔のしみには影響が出にくいといいます。

 

アミノ酸であるトラネキサム酸を用いることによって、年と共に増加している顔のしみを減らすことが可能だといいます。

 

トラネキサム酸は止血剤として使われていて、血友病や白血病の出血を抑える薬としても使われています。

 

肝班を解消するための方法として、トラネキサム酸の服用があります。

 

トラネキサム酸を毎日3回ずつ服用するという習慣を1カ月行うことで、肝班解消に効果があるというものです。

 

しみの薄れが確認されてからも1カ月は服用を継続することによって、治療効果が上がっていきます。

 

反対に一般的な顔のしみと間違えてレーザーなどを使ってしまうと、余計に目立ってしまったり、ひどくなる可能性もあるので気をつける必要があります。

 

医療機関で専門の医師に診てもらうことで、トラネキサム酸治療が可能になりますので、まず皮膚科に行くことをお勧めします。